FAQよくあるご質問

ACR-Iカードとはなんですか?
ACR-Iカードとは、Alien certificate of registration identity card すなわち「外国人登録証」の事を言います。

フィリピンで 「60日以上続けて滞在する全ての外国人」 が留学、就業、観光する際に取得を義務付けられているものです。

このカードはこちらで のIDになります。2回目のエクステンション(VISA更新) の際に手続きが必要になるのですが、カードを受け取るまで、更に一ヶ月かかります。

有効期間は申請してから1年間です。
SSPってなんですか?
SSPとは、フィリピンで留学する際に必ず必要となるのが、Special study permit すなわち「留学許可」になります。有効期間は申請 してから6ヶ月間有効です。
航空券はどうすれば?
当校では航空券はご自身でご購入頂いております。
只今日本からセブへは、成田空港、関西空港、名古屋空港から直行便が出ており、航空会社はフィリピン航空、セブパシッフィック、バニラエアの3つの航空会社からとなっております。

FFELの入寮日は日曜日になりますので、日曜日の深夜0時までに、セブにご到着なさる航空券を、 ご購入して頂いております。(退寮日は土曜日です。)
フィリピンは法律で、フィリピンの国から出るチケットがないと入国出来ませんので、帰りのチケットを買っておくか、セールなどで安くなっている、他の国に行くチケットを買っておけば入国出来ます。

入国する際、もしくは日本で帰りのチケット、もしくはフィリピンから出るチケットの掲示を求められます。
お金はどうやって持って来れば良いの?
特に理由がない限りは日本円を持ち込んで、日本円を現地で両替する方法が最もレートがよく効率的ですが、長期滞在の場合は現金の管理に充分な配慮が必要です。

クレジットカード、国際キャッシュカードで現地でのキャッシングもこちらで可能です。
VISAやMASTER等の国際クレジットカードでのキャッシング、 または銀行の国際キャッシュカードでATMから引き出しできます。
レートは各クレジット会社によって異なりますが、現金より交換レートは下がります。
しかし、万が一盗難等にあった場合でも、カードを止めるなどして被害を防ぐことが出来るため、長期滞在の方におすすめです。

ただフィリピンのあるあるで、ATMにお金が入っていない事が結構な確率であります。
その他に考えられるトラブルは、日本で引き出す上限を決めていて、自分が欲しい時に下ろせないケースもあります。
変圧器は必要ですか?
携帯の充電などは必要ないですが、ヘアーアイロンやドライヤーなど、家電製品でフィリピンの220vに対応していない場合、 変圧器を使わないと壊れてしまいます。
みなさん1度はやる失敗です。笑

例;ドライヤーの場合
対応電圧が必ず表記されています。
100Vのみしか記載されていない場合は、フィリピンではお使いになれません。
100V~240Vと記載されている場合フィリピンで使用可能となります。
日本で申請など準備しておくものは?
特にございません。
日本人はVISAなしで30日滞在出来るので、日本で特に準備するものはありません。
しいて言うなら心の準備と、軽い予習をしておいて下さい。
予習の方法はSkypeでアドバイスさせて頂きます。
携帯電話・wifiなど、通信手段は?
基本的に学校内であれば、Wi-Fiを設置しておりますので、LINEやSkypeなどは可能です。
もしくはSIMフリーの端末をお持ちの生徒様は、 こちらでSIMカードを買い、契約する事も可能です。
大体100円程度でSIMカード(番号)が手に入ります。
VISAはどうやって更新するの?
VISAは30日以上フィリピン・セブに滞在される方は30日を過ぎるまでに、手続きをしなくてはなりません。
学校が代行して行いますので、ご安心下さい。
1ヶ月いくらくらいあれば生活出来ますか?
人それぞれです。笑
セブの物価は大体が日本と比べると格安です。
平日の食事は三食出ますので、食後遊びに行ったり、休みを利用して、 旅行、マリンスポーツ、マッサージなど遊びに行く方は多めに持って来ておいた方が良いと思います。
セブ島とマクタン島の違いって?
セブ島とマクタン島の違いは、セブ島はど大きなビルが多く、マクタン島はリゾート地です。

物価はマクタン島のほうが比較的格安です。
マリンスポーツのほとんどはマクタン島で行われています。
ただ2つの橋で繋がっており簡単に行き来できます。.
FFELは、マクタン島に位置しております。
留学に必要なものは?
FFELに必要なものは、海外保険のご加入、マンツーマン授業に対する心の準備、あとはセブ島を思いっきり楽しむ気持ちです!
学費以外に必要な諸経費
授業料以外に必要な諸経費(VISAなど)をご紹介、ご説明しておりますので、しっかりとご確認下さい。




・入学金 →5,000ペソ(約11,500円)

・電気代 →1週間500ペソ(約1,150円)

・Iカード (外国人登録証)→3,000ペソ(約6,900円) ※59日以上滞在する場合に限り取得が必要。

・授業用印刷費 →100ペソ(約230円)~

・空港ピックアップ→ 1,000ペソ
空港送迎をご依頼される場合は、 片道につき1,000ペソ(約2,300円)頂いております。

・SSP(留学VISA) →7,000ペソ(約16,000円)

・滞在VISA
①滞在日数30日まで(4週間) 
無料

②滞在日数59日まで(5週間〜8週間) 
3,500ペソ(約8,000円)

③滞在日数89日まで(9週間〜12週間) 
8,400ペソ(約19,300円)
+ Iカード 3,000ペソ(約6,900円)

④滞在日数119日まで(13週間〜16週間)
11,300ペソ(約26,000円) 
+ Iカード 3,000ペソ(約6,900円)

⑤滞在日数149日まで(17週間〜21週間) 
14,200ペソ(約32,600円) 
+ Iカード 3,000ペソ(約6,900円)

⑥滞在日数179日まで(22週間〜25週間)
17,100ペソ(約39,300円) 
+ Iカード 3,000ペソ(約6,900円)

⑦滞在日数209日まで(26週間〜29週間)
20,400ペソ(約46,900円) 
+ Iカード 3,000ペソ(約6,900円)




ご留学をされる方は必ずSSPの取得が必要となります。

また4週間以上のご留学をご希望の方は、SSPと滞在VISAの両方が必要となります。

※1ペソ=約2,3円 2016年7月28日現在




↓↓ご留学料金例↓↓

・スタンダードコース4週間(4人部屋)の場合。
授業料 145,000円

その他必要な費用
入学金 5,000ペソ
電気代 2,000ペソ
授業用印刷代 500ペソ
空港ピックアップ 1,000ペソ
SSP 7,000ペソ

合計金額→ 授業料145,000+15,500ペソ(約35,600円)=約180,600円
となります。




・スタンダードコース8週間(4人部屋)の場合。

授業料 290,000円

その他必要な費用
入学金 5,000ペソ
電気代 4,000ペソ
授業用印刷代 1,000ペソ
空港ピックアップ 1,000ペソ
SSP 7,000ペソ
滞在VISA 3,500ペソ

合計金額→ 授業料290,000+21,500ペソ(約49,400円)=約339,400円
となります。
スカイプIDを教えてください
FFELのスカイプIDは

ForeverFreedomEnglishLanguage

ソフトのダウンロード下記URLをクリックしてください。
https://www.skype.com/ja/get-skype/
病気やケガについて
セブ留学にいらっしゃる方達が、病気やケガ、また事故などに遭われた際に、マクタン島にある病院、またセブ島の大きな病院のジャパニーズヘルプデスクと提携を結んでおります。

留学期間が長くなればなるほど、病気やケガを1度はする可能性も出てきます。
そういった際はすぐに病院へ行きキャッシュレス(現金不要)ですぐに治療してもらえる様に準備しております。

尚、留学するにあたって海外保険のご加入は必須となっており、留学期間中は必ず入って頂いております。

最近ではクレジットカードに付帯している海外保険がとても有効で、楽天カード(利用付帯)やエポスカード(自動付帯)などのクレジットカードを持っていれば、90日間は海外保険が付帯しているクレジットカードもございます。

海外保険に関しまして、スカイプでアドバイスも行っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
キャンセルについて
セブ留学FFELでは、キャンセル時、以下の対応をさせて頂いております。(全てのご返金手数料はお客様負担となります。)

・セブにご出発前に、授業料をお振込み後のキャンセル。

6週間前までにご報告の場合…授業料の100%ご返金。
5週間前まで…授業料の80%ご返金。
4週間前まで…授業料の50%ご返金。
3週間前まで…授業料の30%ご返金。
2週間前まで…ご返金不可。
1週間前まで…ご返金不可。

・セブ到着後のキャンセル。
到着のキャンセルに関しましては、以下のようになっております。
6週間前までにご報告の場合…100%ご返金。
4.5週間前まで…50%ご返金。
3週間前まで…20%ご返金。
2週間前まで…ご返金不可。
1週間前まで…ご返金不可。


・出発前に、入学金のみお振込みされた場合のキャンセル。
全てのケースにおいても、入学金はご返金致しかねます。
海外保険加入について
セブ留学FFELでは入学される際に、必ず海外保険にご加入して頂く事が条件となります。

なぜなら、フィリピンはやはり日本とは違います。

留学期間中、ご自身の身はご自分で守らなくてはなりません。
病気、ケガ、スリ、事故。全てを踏まえて前もって対策をする必要があるのです。